コンテンツに進む

為替変動により一部商品で価格調整をさせていただくことがございます

商品情報にスキップ
1 10

OZ-Racing

DUCATI Panigale V4/V4S/V4R 鍛造マグ ホイール イタリア製 OZ-Racing 純正 CATTIVA パニガーレ StreetFighterV4 マグ鍛 DU102012C-60B

DUCATI Panigale V4/V4S/V4R 鍛造マグ ホイール イタリア製 OZ-Racing 純正 CATTIVA パニガーレ StreetFighterV4 マグ鍛 DU102012C-60B

レビューを記入
| 質問をする
通常価格 $4,121.86 USD
通常価格 $4,974.66 USD セール価格 $4,121.86 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

SKU:DU102012C-60B-gb

タイトルに「イタリア在庫有り」は、ご注文後7~10営業日ほどでエクスプレス便にて入荷致します。
在庫完売後は次回入荷分のご予約となり納期約2~4週間予定で入荷次第発送となります。在庫は随時変動いたします。
(納期はメーカーや通関の都合等により前後することもあり、レースシーズン中はご注文が集中しますので納期が遅くなることもございます)

OZ Racing 鍛造マグネシウムホイール CATTIVA 前後set

F3.50-17
R6.00-17
DU102012C-60B

DUCATI Panigale V4/V4S/V4R/1299/1199
DUCATI StreetFighter V4/V4S

OZ -Racing純正 鍛造マグネシウムホイール CATTIVA イタリア製 (MADE IN ITALY)

 

最先端技術のハブ内部を特殊な切削工程でくり抜いた大口径ワンピース・モノコック・ハブ構造「モノ・リテック」。フロントホイールは一部の車種用を除きディスクフランジを装備しないワンピース構造を基本とし、ディスクローター取付部デザインなどを含め、グラム単位の軽量化にこだわり切削加工に手間をかけました。またスポーク形状においても高速回転するホイールに見られる直線形状のスポークでは決して得られないすぐれた走行フィールとより高い剛性を実現させています。CATTIVAは特殊な円球状のセラミックマイクロ・ボールをホイールに打ち付けるテクノ・ショット・ピーニング処理後、光沢感のあるブラックパウダーコーティング(粉末塗装)にて仕上げられたペイント仕上げ。

テクノ・ショット・ピーニング処理
CATTIVAに採用されている特殊な円球状のセラミックマイクロ・ボールを専用の設備を用いてホイールに打ち付ける「テクノ・ショット・ピーニング処理」は金属表面の分子配列化学変化と密度UPを即し、ホイールの表面硬度を15%上げることができるテクノロジー。これは四輪のF-1で培われた技術で、これまでの二輪ホイールにはなかったものであり、まさにO・Zレーシングならではのテクノロジーです。

アルミ鍛造ホイール”PIEGA”と同じく、素材をプレスによって圧縮成型して製品をつくりあげる製法で、強度が高く粘り強い特性が得られるのが特徴。単純な上下方向からプレスではなく、O.Zホイールは20,000t超の圧力を多方向からかけ金属を押しつぶし、内部結晶を細かくして成形される真の鍛造製法。世界トップレベルの鍛造プ レスを駆使し、理想的な形状まで圧縮成型することのできる高度な金型を採用しています。

デザイン
マグネシウムは6本スポークデザインを採用。3DCGによりシュミレーションされた理想的な形状と、それを実現させる高度な切削技術。マグネシウムホイールの特徴である低重量は、O.Zの技術により複雑な切削を施す事で強度を損なう事無く軽量と言う利点をさらに向上させました。

表面仕上
鍛造工程と熱処理のみではなく、”CATTIVA”にはさらに強度を向上すべく採用された技術「ショットピーニング」処理が施されています。ホイール表面にセラミックによるショットピーニング処理(セラミックシ ョット)を施し、これにより表面硬度を20~25%向上させています。ルックスの要となる最終表面仕上げは丹念なペイントによるブラックを採用しています。

構成部品
ホイール本体以外の部品は、すべて超々ジュラルミン素材と呼ばれる”7075材”を切削加工により製作。軽量化と機能美にこだわったデザインを追求。

スポーク構造
スポーク構造は剛性と軽量化を両立するため、回転方向後面を大きく抉(えぐ)った”コの字断面形状”を採用。そのほか側面ポケット加工や軽量穴の設計など、機能性とルックスに対するデザインを徹底的に吟味しています。

C3102DU35X+C6012DU60X_NLV
C3102DU35X+C6012DU60X_NOV
C3102DU35X+C6012DU60X_OLV

 


    テクノ・ショット・ピーニング処理

    CATTIVAに採用されている特殊な円球状のセラミックマイクロ・ボールを専用の設備を用いてホイールに打ち付ける「テクノ・ショット・ピーニング処理」は金属表面の分子配列化学変化と密度UPを即し、ホイールの表面硬度を15%上げることができるテクノロジー。これは四輪のF-1で培われた技術で、これまでの二輪ホイールにはなかったものであり、まさにO・Zレーシングならではのテクノロジーです。


    製法

    製法

    アルミ鍛造ホイール”PIEGA”と同じく、素材をプレスによって圧縮成型して製品をつくりあげる製法で、強度が高く粘り強い特性が得られるのが特徴。単純な上下方向からプレスではなく、O.Zホイールは20,000t超の圧力を多方向からかけ金属を押しつぶし、内部結晶を細かくして成形される真の鍛造製法。世界トップレベルの鍛造プ レスを駆使し、理想的な形状まで圧縮成型することのできる高度な金型を採用しています。


    デザイン

    デザイン

    マグネシウムは6本スポークデザインを採用。3DCGによりシュミレーションされた理想的な形状と、それを実現させる高度な切削技術。マグネシウムホイールの特徴である低重量は、O.Zの技術により複雑な切削を施す事で強度を損なう事無く軽量と言う利点をさらに向上させました。


    表面仕上

    表面仕上

    鍛造工程と熱処理のみではなく、”CATTIVA”にはさらに強度を向上すべく採用された技術「ショットピーニング」処理が施されています。ホイール表面にセラミックによるショットピーニング処理(セラミックシ ョット)を施し、これにより表面硬度を20~25%向上させています。ルックスの要となる最終表面仕上げは丹念なペイントによるブラックを採用しています。


    構成部品

    構成部品

    ホイール本体以外の部品は、すべて超々ジュラルミン素材と呼ばれる”7075材”を切削加工により製作。軽量化と機能美にこだわったデザインを追求。(仕上げはブラックハードアルマイトで統一。)


    スポーク構造

    スポーク構造

    スポーク構造は剛性と軽量化を両立するため、回転方向後面を大きく抉(えぐ)った”コの字断面形状”を採用。そのほか側面ポケット加工や軽量穴の設計など、機能性とルックスに対するデザインを徹底的に吟味しています。



    ダンパーシステム

    機能性・耐久性に対して様々な工夫を凝らしたダンパーシステム採用。ラバーは良質な材質を選択すると同時に余裕ある容量を確保し、ダンパーベアリングも耐久性に優れた大容量タイプを装着しました。


    詳細を表示する

    当店在庫。平日午後4時までのご注文で即日出荷が可能。

    1 25